シロクマとパンダ~とある外国人パパの育児・家事~

外国人パパが子育て・家事・日本暮らしに奮闘する様子を描けたらいいなと思っています。

座禅の話①のつづきです。


1
2
3
4
5
6
7
8

携帯ウォシュレットのトラウマの話はこちら




好きな物を聞かれたとき、適当にカレーとか答えていた私がこの座禅を通して遂に好きな食べ物を見つけました。
洗濯は確か手洗いだった気が・・・2週間のコースが終了すると同時に話すことが許されるのですが、やはり主催国の大学生が多かったです。東洋人は私一人でした。
当時の私はメモ魔だったので、頭で考えたことや気になったことを書き落とせない事で余計に頭が悶々としていました。無心を保つって、2週間そこら試したくらいで出来るものじゃないですね。
そういえば夕食後には各自 母国語で録音された音声を聞いて禅について学ぶ時間があったのですが、日本語が一番長かった。他の言語は平均30分弱のところ、日本語の私だけいつも約10分オーバーでした。


続きます。


関連記事
バナナ

ランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです!


人気ブログランキング

前回パパパがベジタリアンを目指している話書いたので、関連した私の思い出話です。

1
2
3
4
5
6
7
8

全部で30人くらいいたので後の人の為に半分に切る人もいるんですが、それでも真っ先に終わるのがバナナでした。私もバナナが欲しくて欲しくて、あんなにバナナを欲した経験は、後にも先にもこの時だけです。確か、組み合わせ自由で一人果物2つまでだったような。
バナナが手に入らないと、お腹が空いて夜寝付けない。
煩悩の塊でしかない。


つづく


ランキングに参加しています。クリックいただけると嬉しいです!

人気ブログランキング

夫にイラっとした、食生活の変化-前編-

※ちょっとシリアスな話題です。


ある日のこと・・・
1
2
3
45

9


咄嗟に吐き気に襲われながらも職場に着くと、同僚がケンタッキーのチキンバケツを食べていた。
そこで先ほど見た牛の話をすると、
7

と言われた。
この日を境にパパパの肉に対する思いに変化が生まれたようです。
エコロジーに関心が強いので、肉食は環境負荷が高いという事実も相まってベジタリアンを志すようになりました。
かつてはベジタリアンのような食生活だった私もすっかり肉生活に慣れてしまったので、ビーガンやベジタリアン用の大豆でできた肉は物足りなさを感じてしまいます。
8
ソースやチーズでごまかす・・・。肉に擬似した豆や野菜より、純粋に豆や野菜素材の味で満足になれるようになれば良いですが。パパパの場合、何年かかるんだろう。
昔は生野菜も苦手で野菜はもっぱらスープから摂取していたパパパですが、サラダが大好きになったのは農業を始めたことと、日本のドレッシングのおかげです。ヨーロッパではビネガー+オリーブオイル+塩コショウのシンプルなドレッシングが一般的だと思いますが、パパパはビネガーが苦手。市販のドレッシングもあまり美味しくない、よってサラダが食べれない状態でした。多様な種類の美味しい日本のドレッシングのおかげで生野菜が美味しく食べれるようになった。本当にありがたいです。

私はビーガン思考とか環境問題に無知なので、体が欲するものを食べたいかな・・・。パパパと一緒に肉を食べるようになったら嬉しい変化も体にあったんですよ。6


しっかしあれだけ肉食べてたのに今更な~。出来るかな~~。
しばらく様子をみてから、経過報告します!

人気ブログランキング
関連記事

↑このページのトップヘ