シロクマとパンダ~とある外国人パパと娘のお話~

外国人夫と一人娘と過ごす日々を綴った、絵日記ブログ。

引っ越しの時、農業の先生に借りた軽トラを運転しているパパパを見てびっくり。頭ぶつかってるし、足が収まりきらなくて膝が擦れて赤くなってました。それでも「トミカだね‼」ととても嬉しそうでしたが・・・。 ... 続きを読む

泣いちゃった!最近、糖分を控えるようにとPちゃんはおやつに果物しか食べていなかったんです。この日はさすがにアイスをあげようと思っていたら、ゴミ箱を見て泣いたことをすっかり忘れて干し芋を欲しがったPちゃん。可哀そうなことしてしまいました。 ... 続きを読む

お豆腐が苦手なパパパですが、麻婆豆腐は大好きです。ちなみにわさび・カラシは苦手で食べられないようです。 ... 続きを読む

レタス弁当のお話はこちらそれにしても、話すときはちゃんと言えてるのに何故書けないのか、不思議です。 ... 続きを読む

そういえば結局訂正してあげなかったや・・。 ... 続きを読む

なんだか駆け足で終わらせてしまいました。描き切れなかったのですが、メリーの奇行や嫌がらせはもっと沢山ありました。(メリーが私とケイブを嫌った理由も、もっと沢山ありました)そして結果的にメリーを追い出してしまった事に後味の悪さを感じた私は、メリーに続いてす ... 続きを読む

私とメリー、最初から読む方はこちら当時、有色人種が多く住む移民街に住んでいた私。歩いているだけで建物の2-3階から頭上に何か落とされたこともありました。人種問題とか政治的な問題、肌で感じて初めて考えさせられることが多かったです。 ... 続きを読む

言い返す言葉が無かったです。その後、日本のお土産文化やお歳暮・お中元などの話に発展しケイブにも「クレイジー」と言われてしまいました。日本は必要以上に物をあげる文化というか、言葉の代わりに「物」に色んな想いを託して渡す文化だと思うのですが、海外で同じ感覚で ... 続きを読む

私とメリー、最初から読む方はこちらパリの美術館でも一度、荷物をX線検査に通されたときに携帯ウォシュレットが原因で止めらたことがあります。遠回しに説明していても分かってもらえず不審な顔をされる一方でした。メリーの部屋は2部屋あって、身支度などをする部屋がト ... 続きを読む

私とメリー、最初から読む方はこちら建築家で何度か日本を訪れているケイブは、日本人の気質にも理解がある人でした。ただ、ケイブは日本語では否定するとき、「うん。でも・・・」とまず肯定してからネガティブな理由を言い、いきなり否定から入る文法が無いと勘違いしてい ... 続きを読む

私とメリー、最初から読む方はこちらつづく ... 続きを読む

私とメリー①私とメリー②私とメリー③ ... 続きを読む

私とメリー①私とメリー②つづく ... 続きを読む

私とメリー①はこちら一階に住んでいたのが私、二階がメリー、三階がリビング四階がケイブだったので、ケイブは騒動に気付かず寝ていたのでした。 ... 続きを読む